脱東京->糸島行き ぼくらの糸島スタイル  2015 in TOKYO 11.6(FRI)18:30-

脱東京->糸島行き ぼくらの糸島スタイル
2015 in TOKYO 11.6(FRI)18:30-

震災から、東京の一極集中の重力から解放される生き方の、大きなうねりが進行している。

価値感が、物質主義から精神主義に、大きく転換している。これは日本のみならず世界でも進行している。

これは前回のイベントで、脱東京 あたらしい移住を出版された 本田直之さんも語ってくれた。

またテクノロジーの進化により、場所を問わずに働ける方法が生まれたことも大きい。

googleや、スカイプなどのテクノロジーに加え、クラウドソーシングもまたその一つだ。

今回日本のクラウドソーシングの最大企業である、ランサーズの足立氏、九州エリアでランサーズと連携してプラットフォームを提供する西日本新聞メディアラボの清田氏に、クラウドソーシングを使った地方での働き方について話を伺う。

また、移住先として注目される糸島を舞台に、先行して移住した3名の登壇者に糸島で暮らすこと、働くことの話を聞く。

■開催日時と場所

開催日時: 2015年11月6日(金)18:30 ~ 21:30

場所: co-ba 下北沢

■プログラム

19:00~

一部 クラウドソーシングをつかった地方での働き方

ランサーズ株式会社 足立取締役 × 西日本新聞メディアラボ 清田氏

20:00~

二部 糸島先行移住者のクロストーク

糸島シェアハウス畠山千春 × 九州大学坂口教授 × 福岡移住計画 須賀大介

21:00~

第三部 糸島市から移住サポートのお知らせ

21:30~ 22:00

交流会

■登壇者情報

•足立和久氏(ランサーズ取締役COO)

ランサーズ株式会社 取締役COO。 日本最大級のクラウドソーシングプラットフォーム「ランサーズ」において、 事業開発、事業戦略を担当。ランサーズ参画以前は、2012年よりグリー株式会社のマーケティング事業本部で 事業開発室長とデベロッパーリレーションズ部長を兼任。 2005年より楽天株式会社において楽天市場事業のECコンサルタント、事業戦略等を担当。

•清田慎弥(西日本新聞メディアラボ)
•畠山千春(糸島シェアハウス)
•九州大学大学院 坂口光一 教授
•聞き手:福岡移住計画 須賀 大介

■ 福岡移住計画について

福岡移住計画は、Iターンの実際の移住者と、その移住者をサポートした同士によって、福岡移住することで何が起きるのか?という、生の体験と、実験を下敷きにしながら、福岡の可能性を広げるための、さまざまなプロジェクトを実験的に生み出していくため、人×人、人×企業を結びつけ、活動している民間の任意団体です。

お申込み受付は「Peatix」にてお願い致します。

http://peatix.com/event/124293/view

 

About the Author