「欧米組織で注目を集める成人以降の知性発達理論」勉強会2015.9.5(Sat)14:00-

「欧米組織で注目を集める成人以降の知性発達理論」勉強会2015.9.5(Sat)14:00-

こんにちは。入居メンバーの夏川です。
突然ですが、「知性発達理論」って聞いたことありますか?
大人になってからの意識・心の発達には段階があるという話を最近聞き、私自身がもっと知りたいと思って専門家の方をお呼びしての会を企画しました。発達段階によって使う言葉が違い、上の段階の人は下の段階の人の言葉が分かるけれども、下の段階の方は上の段階の方の言葉が分からないということが起こるそうで、「なんだか話が噛み合ないな」というのもここから来ている場合があるそうです。

欧米では既に活用されているものの、日本ではまだ専門家の方が少ない領域なので、コミュニケーションや人材育成に関わる仕事をしている方もそうでない方もぜひ最新の理論・メソッドに触れにいらしてください。
ひとの心(意識)の成長についてご興味ある方、どなたもウェルカムです。
会場準備のため、参加予定の方は参加ボタンか、facebookメッセージにてお知らせいただけると嬉しいです。当日の飛び入り参加も歓迎です!https://www.facebook.com/events/876097639138135/
・・・・・・・・・・・・・・
【勉強会概要】
近年、欧米の企業社会において、人材育成・人材開発の領域に成人以降の知性発達理論やその実践が活発に取り入れられ始めています。そうした流れを受け、この勉強会はハーバード大学教育大学院教授ローバート・キーガンの発達理論を中心に、人間の心(意識)が生涯にわたって成長するプロセスを一緒に学ぶことを目的にしています。
発達理論を学ぶことによって、現在の自分が発達段階のどこにいるのかを確認し、今後どのようなプロセスで成長・進化していくのかを把握することができます。
また、人材育成やコーチングなど対人支援を行う実務家にとって、人間の心や意識がどのように成長・発達していくのかを把握することは、自身の専門サービスの質的向上にもつながると思われます。
・・・・・・・・・・・・・・
【参加費】
*3,000円

【講演者】
*加藤 洋平氏
・・・・・・・・・・・・・・
加藤 洋平
一橋大学商学部卒。大学卒業後、税理士法⼈トーマツにて国際税務コンサルタントの仕事に従事。日本の多国籍企業を中心に、国際税務戦略の立案、税務リスクの分析、経済分析などを行う。
米国John F. Kennedy大学統合心理学科修士課 程修了。発達⼼理学を中心に、認知心理学、⾝体心理学、脳神経心理学など幅広く心理学を学習。
Otto Laskeが設⽴立した発達理論の研究機関であ るInterdevelopmental Institute(IDM)にてLaskeに 師事し、⼼心理統計分析モデルの概論プログラム、 社会的感情的発達プログラム、認知的発達プロ グラム、精神分析プログラム、発達測定プログラムを修了。発達測定の専門家としての資格を取得。
Integral Coaching Canada Incにて、最新の発達理論に基づいたプロフェッショナルコーチングの資格を取得。
米国マサチューセッツ州にある発達測定の専門機関Lecticaにて、発達測定のアナリストの経験を積む。
ハーバード大学にてキーガンおよびレイヒー の下で、⾃己変革・組織変革モデルである「Immunity-to-Change」のファシリテータープログラムを修了。ファシリテーターとしての 活動に従事しつつ、「Immunity-to-Change」モ デルを⼈人材育成コーチングに取り⼊入れ、クラ イアントにサービスを提供している。
現在、成人以降の発達理論に基づいた人材育成コンサルティングおよび組織コーチングの活動に従事。
Webサイト 発達理論の学び舎:
http://www.yoheikato-integraldevelopment.com/

About the Author